インシュリン治療


わてたちが食べたもんを、栄養ってして体内に取りぶちこむためには、このインシュリンが不可欠や。「インシュリン注射ってどないいうもんなんやろか?」「いっぺん始めたら、止められへんって聞くが?」「医者よってにインスリン注射を勧められたそやけども、どないやんかやいやろか?」って、インシュリン注射に関やるご質問をもうた事が、きょうび増えてきよった。途中でぇはやめられへん?一般に、いっぺん始めたらやめられへんさかいはあらへんか?って考えられておるけどダンさん、実際はそないでぇはおまへん。たとえばやな、むっちゃの高血糖になってしまい、放っておくって危険な場合は、インシュリン注射でぇ一時的に血糖値を下げて危険を脱し、その後安定すれば、注射を控える場合もあるんや。 インシュリンは、ホルモンの一種やけど、食後やらなんやらにすい臓よってに分泌されとるもんや。むせえ、一時的に利用やるこってにやって、やり早い回復につながる場合もやるんでっせ。ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要は、すい臓を一時的に休ませてやるちゅう考え方や。ほんで、インシュリン治療でぇ気をつけるこって、これをちびっと考えてみまひょ。 インシュリン注射の種類にもやるんやが、食前にお腹をつまんでぇ、そこに注射すんねんが一般的や。せやけど、長年の高血糖やらなんやらの原因にやり、すい臓が達者をなくして、インシュリンを必要量分泌でぇきなくなる場合があるんや。ほな、体内のインシュリン不足の原因が、すい臓が達者をなくしてもうたために起きるさかいやれば、インシュリン注射にやって外よってにインスリンを補うため、すい臓はそれほどようけのインシュリンを製造分泌しなくてもようなんねん。まず、インシュリン注射ちゅうもんは、基本的に体内のインスリン量が足りまへん方に必要ってされとる治療って言えまんねんな。 もっかいすい臓が達者になるまでぇ、インシュリン注射を利用して、後に注射を控える、ちゅう場合もあるんや。そないいった場合、自然に分泌やるインシュリンの量でぇは足りまへんために、注射ちゅう形でぇ外よってにインシュリンを補う必要がやるんや。注射をおのれやねんるちゅうこっちゃに、めっちゃ抵抗がやるやろなしれまへんが、きょうびの注射はペン式でぇめっちゃへーこいてプーよになっており、痛みもそれほど感じあらへんうに工夫されていますわ。でっから、注射を始めたよってにこの先ずっって止められへん、ちゅう考え方は基本的には当てはまらんって言えまんねん。


糖尿病 食事

リンク集|123

Copyright © インシュリン治療 All rights reserved

2style.net